会社情報

扱う

Messageご挨拶

富士の麓で、
環境と紙のことを考え続けてきました

高尾製紙株式会社と丸王製紙株式会社は、事業環境の変化への対応と今後の事業発展のため経営統合を実施し、2020年3月に合弁製造会社“高尾丸王製紙株式会社”として新たにスタートいたしました。

両社は、富士山の麓で生まれ育ち、その清水の恵を受けながら、創業より漫画雑誌の本文用紙に使われる完全再生紙のざら紙を製造、今日まで紙づくりの礎を築いてまいりました。

その間、一貫して心がけてきましたことは、地球環境にやさしいシステム開発と製品開発への努力です。 さらに、高度な技術と確実な仕事、誠実な仕事を第一に、安定生産・安定供給・良品質を目標に掲げ、 お客様より安心と信頼をいただけるよう、日々努力を惜しまず取り組んでおります。

近年では時代のニーズに沿った研究開発、技術の革新が進み、梱包資材向けの紙緩衝材や産業用向け合紙、衛生用紙や紙袋の原紙の製造も始まっています。

ざら紙のリーディングカンパニーとして、これからも引き続き、地球環境とお客様を大切にし、地域に貢献できる製紙会社として社員皆で紙づくりに邁進し、さらなる成長への挑戦をしていきますので、 皆様のご支援を心よりお願い申し上げます。

代表取締役会長CEO 大石恭平
代表取締役社長 渡邊典正

Company overview会社概要

会社名 高尾丸王製紙株式会社
所在地 【事務所・本社工場】
静岡県富士市宇東川西町1-12
TEL: 0545-53-0115

【山本工場】
静岡県富士宮市山本200-1
TEL: 0544-26-8128
事業内容 再生印刷用紙の抄造
設立 2020年3月2日
資本金 3000万円
代表者 代表取締役会長 CEO 大石恭平
代表取締役社長 渡邊典正
従業員数 80名

History沿革

  • 高尾製紙株式会社

  • 昭和25年11月 富士市今泉に機械設備一式を新設し、 同時に資本金60万円にて株式会社高尾製紙所を設立
  • 昭和29年3月旧設備一式を廃止し、新抄紙機とする、 同時に資本金150万円に増資
  • 昭和37年5月資本金450万円に増資し、高尾製紙株式会社と社名変更
  • 昭和39年3月富士宮市に高原工場を建設し、 5月よりライナーマシン稼働
  • 昭和39年9月資本金900万円に増資
  • 昭和40年5月資本金1,800万円に増資
  • 昭和41年12月高原工場に2号抄紙機増設
  • 昭和41年12月高原工場に2号抄紙機増設
  • 昭和44年10月高原工場に2号抄紙機を撤去し、 短網ティッシュマシンを設置し、生産開始
  • 昭和46年7月高原工場に長網多筒マシンを設置し、 特殊色更紙の製造を開始
  • 昭和47年12月農林省より米麦袋用抄繊原紙の 製造業者に指定される
  • 昭和53年1月高原工場2号マシンを多筒式に改造
  • 昭和54年4月本社工場に丸網ヤンキー1,500mmを設置、 薄葉紙の生産に入る
  • 昭和58年9月本社を富士宮に移転、本社工場2号機を撤去し、 長網多筒のN1マシンを設置し、特殊色更紙の生産開始
  • 昭和63年4月東京出張所を開設
  • 平成13年6月東京出張所を神田に移転
  • 平成20年2月天間興業と合併し資本金4,300万円に
  • 平成20年9月三恭と合併し資本金5,300万円に
  • 平成21年長網抄紙機(3号機)更新
  • 平成24年7月代表取締役社長に大石恭平就任
  • 丸王製紙株式会社

  • 昭和30年12月渡邊嘉明により 富士市天間に丸正製紙株式会社創立
  • 昭和35年6月天間工場 丸網ヤンキーマシンより短網マシンに改造
  • 昭和43年11月丸王製紙株式会社に社名変更
  • 昭和44年12月天間工場 短網マシンより短網多筒式マシンに改造
  • 昭和55年1月渡邊明治 代表取締役社長就任
  • 昭和55年6月富士市宇東川西町に吉原工場開設、長網マシン新設
  • 平成元年1月吉原工場 原料処理設備一式改造、新設による増産
  • 平成 3年1月吉原工場 受電設備特別高圧設置
  • 平成 3年7月天間工場 公害処理設備、高圧変電所新設
  • 平成 5年11月丸王流通営業許可取得、営業開始
  • 平成11年1月埼玉県新座市に丸王流通新座倉庫開設
  • 平成11年3月富士市原田に丸王製紙原田倉庫開設
  • 平成12年1月吉原工場 全自動ワインダー機新設
  • 平成12年11月吉原工場に新事務所開設
  • 平成13年12月吉原工場 原料処理設備一式 ディスパーザーシステム新設
  • 平成14年8月吉原工場 抄紙機用ソフトカレンダー機新設
  • 平成15年3月吉原工場 西側隣地買収5,000平方米
  • 平成17年9月発電能力3,200kwのガスコージェネレーション新設
  • 平成17年12月本社所在地を富士市宇東川西町に変更
  • 平成20年1月天間工場を閉鎖し、生産業務を吉原工場に集約
  • 平成20年12月吉原工場北側に、丸王流通・東京紙商事新事務所開設
  • 平成22年1月吉原工場西側に、原料処理設備新型傾斜パルパー新設
  • 平成22年1月吉原工場に排水処理施設曝気層新設
  • 平成25年8月東京紙商事株式会社と丸王流通株式会社が合併し、 東京紙商事株式会社が存続会社として丸王流通の事業を承継
  • 平成25年10月東京紙商事株式会社から丸王産業株式会社に社名変更
  • 平成30年6月渡邊典正 代表取締役社長就任
  • 令和 2年4月 高尾製紙株式会社と丸王製紙株式会社が共同出資「高尾丸王製紙株式会社」を設立
PAGE TOP